GERBER ガーバー MP400 マルチプライヤー400 マルチツール コンパクトスポーツ SALE 【SALE/93%OFF】 57%OFF 5500

GERBER(ガーバー) MP400 マルチプライヤー400 コンパクトスポーツ マルチツール 5500

GERBER ガーバー MP400 マルチプライヤー400 マルチツール コンパクトスポーツ 【SALE/57%OFF】 5500 5500,コンパクトスポーツ,MP400,スポーツ&アウトドア , アウトドア , フィールドギア,GERBER(ガーバー),/convolutely569858.html,csicorphost.net,マルチツール,マルチプライヤー400,3175円 3175円 GERBER(ガーバー) MP400 マルチプライヤー400 コンパクトスポーツ マルチツール 5500 スポーツ&アウトドア アウトドア フィールドギア GERBER ガーバー MP400 マルチプライヤー400 マルチツール コンパクトスポーツ 【SALE/57%OFF】 5500 3175円 GERBER(ガーバー) MP400 マルチプライヤー400 コンパクトスポーツ マルチツール 5500 スポーツ&アウトドア アウトドア フィールドギア 5500,コンパクトスポーツ,MP400,スポーツ&アウトドア , アウトドア , フィールドギア,GERBER(ガーバー),/convolutely569858.html,csicorphost.net,マルチツール,マルチプライヤー400,3175円

3175円

GERBER(ガーバー) MP400 マルチプライヤー400 コンパクトスポーツ マルチツール 5500

商品紹介

1939年創業のGERBER社は元々家庭用の包丁メーカーでした。その後1958年にスポーツナイフの生産を開始して、ハンティング用ナイフ、釣り用ナイフ等をリリースし高い評価を受け現在に至っています。スポーツナイフのパイオニア的存在で、現在ではナイフ/マルチツールのナンバーワンメーカーです。高品質、高耐久性、アフターサービスのレベルの高さで、アメリカは勿論、世界各国の軍や警察等で正式採用品として使用され活躍しています。この商品は片手で簡単に操作できる、振り下ろすだけでプライヤーヘッドがスライドして飛び出す特許付きSAF-T PLUSロッキングシステム搭載のマルチプライヤーです。素早く簡単に片手でプライヤーを取り出すことができる優れものです。フィスカース社製のハサミは革などの硬い布や釣具のラインも切ることが可能な高品質なハサミです。全ての機能にロッキングシステムが搭載で、一つ一つのツールが独立して安全にしっかり頑丈にロックされ、安心して作業ができるツールです。特殊な機構により複数のツールが持ち上がることなく、使いたいツールだけを素早く取り出せます。強力ステンレス材による構造で安全性/実用性/耐久性に優れた高性能/高品質ツールです。丈夫なバリスティックナイロンケース付属で携帯性にも優れています。

商品説明


●1939年創業のGERBER社は元々家庭用の包丁メーカーでした、その後1958年にスポーツナイフの生産を開始して、ハンティング用ナイフ、釣り用ナイフ等をリリースし高い評価を受け現在に至っています。スポーツナイフのパイオニア的存在です。片手操作できる特許機構のプライヤーヘッドが飛び出すマルチプライヤーです。


メーカーによる説明

GERBER(ガーバー) MP400 マルチプライヤー400 コンパクトスポーツ マルチツール 5500

→残念な点。ニードルプライヤーの先端を使用する細かな作業には、ハンドルを握りきらないとピタッと合わさらない。開閉スプリング機構の無い機体で、開いたり閉じたりを繰り返す為には、薬指と小指をハンドルの間に入れてサポート(保持)するのだが、指を抜いて握っての本体では連続作業が出来ない。ホッチキスの針を除去するだけの簡易動作にも、かなりの手間が掛かってしまう。マイナスドライバーが3・・マイナスは2つでいいので、1つにはヤスリを装備して欲しかったなぁ。振出しワンハンドオープンは、手からすっぽ抜けて危なそうなので、もうやりません(汗;)指でサイドノッチを摘まんで本体の重さで滑らせオープンするワンハンド式が無難スね。→良い点。他の折り畳み式マルチプライヤーは、ハンドル太くプライヤー部が細くて貧相にみえるが、本品はスタイリッシュで好印象。また、ハンドルに力を掛けて握っても手に食い込まず痛く無い。600にするか400にするかで迷ったが、この400のサイズで日常使用にベストマッチ。とても納まりが良い。ペッタンコのケースも、あと一回りサイドを細く小さく作っていてくれれば申し分無しだった。コンパクト感が少し薄れたが、まあいいでしょう。 続きを読む
同価格帯のレザーマン・ウイングマンとの比較です(ウイングマンの方が¥500程度高価だか)1、まず最大の売りであるワンハンドアクションでのプライヤーであるが、その構造故かプライヤーにスプリングアクションが無く使いづらい(最新の高価な商品には搭載されたようだが)2、構造上、ナイフやはさみを使用する際もまずプライヤーを出し、それを広げてからでないと何も使えない(レザーマンはプライヤー折り畳み状態でナイフ、はさみが使用出来る)3、特にプライヤーを出した時に結構なガタがある4、縫製業に若干関わった人間として一番気になったのはケース。一発で型抜きした生地を単純に縫い合わせたため厚みのある商品を入れる手段としてケース自体がえらく幅広となり超かっこ悪い(私は我慢出来ず革ケースを自作)よくamazonで¥2000程度で売られているマルチプライヤーのケースより見劣りがする関心する程凝った造りのレザーマンのケースと比べて中国原価で倍以上違うと思うガーバーは好きなメーカーなのであえてきつい事を書いたが、こういう目に見えるコストダウンは止めた方がいい 続きを読む
ものづくりの未来を、つくる、
支えるあらゆる企業が集う

閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。